TOP NEWS COMPANY CONTACT

歩行支援ロボットスーツ WALK-MATE ROBOT(開発中)
装着者の歩行リズムと相互同調するリズムで歩行を支援
スマートフォンから設定や腕振りや脚振りの計測が可能
お問い合わせは こちら から
歩行分析システム WALK-MATE VIEWER
小型センサを両足首・腰に装着し歩行を計測
歩行時のストライドや持ち上げなどを短時間で評価可能
お問い合わせ・資料請求は
こちら から
Concept 詳細を見る

NOJIMA メガホン フルEX 4-1SC ステンブラック CB1100 10-13(EBL> 《ノジマ NMSX021MB-CLK》:バイク・バイク用品はとやグループ - 6ae32

2019-07-06
カテゴリトップ>カスタムパーツ>マフラー・排気系
NOJIMA メガホン フルEX 4-1SC ステンブラック CB1100 10-13(EBL> 《ノジマ NMSX021MB-CLK》4ストフルエキゾーストメーカー ノジマ
商品名 NOJIMA メガホン フルEX 4−1SC ステンブラック CB1100 10−13(EBL>カタログ品番 NMSX021MB−CLKメーカー 品番NMSX021MB−CLK
JANコード4548664247240定価(税抜)\150,000
□取寄
適応車両 CB1100 10−13(EBL−SC65)タイプメガホン フルエキゾースト 4−1SC素材ステンレスエキゾーストパイプ】ステンレスサイレンサーブラック(つや消し耐熱塗装)仕上げ機械曲げステンレス メガホン Sus音量92db重量未計測排ガス規JMCA認定 H19年排気ガス規制

適合  H22年騒音規制

適合 】成績表:有りフィルタ外し○ドレン○Cスタンド○タンデムステップ○
備考 受注生産商品の為、キャンセル不可です。納期約1ヶ月となります。平22年騒音規制

適合  平19年排ガス規制

適合  型式EBL−SC65 事前認証制度対応
●適用車種ホンダ[HONDA]CB1100(10−13)
●カテゴリフルエキゾースト−−− (カスタムパーツ)
●仕様エキパイ曲げ機械曲げステンレス集合形式フルエキゾースト:4−1SC(スパイラルコレクター)サイレンサーメガホン SusJMCA認定材質・素材ステンレスエキゾーストパイプ】ステンレスサイレンサー(カラー)ブラック(つや消し耐熱塗装)生産国日本STD重量(kg)−重量(kg)−音量(db)92外径−ドレンボルト○オイルフィルター○センタースタンド○タンデムステップ○
メーカー 品番カタログ品番 ]NMSX021MB−CLK[カラー]ブラック(つや消し耐熱塗装)材質[素材]ステンレスエキゾーストパイプ】ステンレスサイレンサー重量[キログラム]−(kg)仕様メガホン

適合 車両型式:EBL−SC65 仕向け地:国内タイプSTD全長[長さ]−(mm)外径−(mm)JMCA認定STD重量[キログラム]−(kg)音量[デシベル]92(db)集合方式フルエキゾースト:4−1SC(スパイラルコレクター)ドレンボルト○オイルフィルター○センタースタンド○ステップ○タンデム○規制

適合 】排ガス成績表[有】無]平成19年排気ガス規制

適合 、平成22年騒音規制

適合 】成績表:有り取扱説明書(クリック))

※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ、ご注文くださいますようお願いいたします。
ご不明点等は、ご注文前にお問合せください。
※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます。ご了承の程、宜しくお願いします。
※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい。
※レース専用パーツを装着しての一般公道走行は禁止されています。



【取寄品】【ノジマ】
価格
153,900円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー取寄 納期確認後、連絡いたします
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

News 一覧を見る
Company 詳しく見る
WALK-MATE LAB 株式会社(東工大発ベンチャー)
〒192-0152 東京都八王子市美山町2161-21
Tel: 042-651-6093 Fax: 042-651-7890
代表取締役: 菊池 功
最高技術責任者: 三宅 美博(東京工業大学 教授)